キーウィランドで暮らしてます

ガイドブックに載っていないニュージーランドの素顔と、私的生活雑記

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

新着 エアー NZ 機内セーフティービデオ 

私の職場では、毎月第一金曜日にテーマを決めたイベントが行なわれる。
先月は、クライストチャーチ地震の被災者をサポートしようと、全員がカンタベリーの色である赤と黒の服を着て出勤。義捐金も集められた。
昨日は、レッド&ホワイトデー。
赤と白の服を着て、日本へのサポートを示そうという日でした。

自国も今大変な時なのに、日本のことを思ってくれているキーウィたちに感謝。


未だ、涙腺の弱い私ですが、今日はちょっと元気がでる、エアーNZの新しい機内セーフティービデオをご紹介。

これまで、ボディーペインティング、オールブラックスをテーマに面白いビデオを作ってきたエアーNZですが、今回は、80年代にアメリカで活躍したエアロビックススター、リチャード・シモンズが登場。

その他、アメリカの人気番組でホスト役のキーウィやネットボール選手など(あまりこのへん詳しくないんです)が出てきますが、なんといっても注目したいのは、度重なる失言でTVNZを辞めたポール・ヘンリー!!(こんどTV3にでるような話しも聞いてます)





これまでのビデオは、ここ と ここ をクリック


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

スポンサーサイト

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

バードケージお引越し その2 

以前、バードケージお引越し について書きましたが
そのお引越しが完了しました。


建ってから124年のバードケージは、740トン
費用は、40m移動させるのに、250万ドル、1cmに600ドル
予定の10時間をはるかに越え、二日がかりの移動となりました。




どんなふうにして建物を動かすのか
このビデオを見ると
少しだけイメージがわくと思いま~す。







次は、TVNZがカメラを設置し、移動の一部始終を写した動画
時間を短縮しております。


こちら をクリックしてください。
(最初にコマーシャルが映ります。すみません)


人間ってすごいですね。



ブログランキングの
クリックもよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

自宅が危ない 

救急車


ニュージーランドには、事故による怪我の治療費などが
ACC (Accident Compensation Corporation) によってカバーされるというシステムがあります。
対象となるのは、ニュージーランドの住人だけでなくニュージーランドを訪問中の人たちも。

いわば、怪我を対象とした公的な保険会社みたいなもの
租税は、雇用主・自営業・自動車やバイクのオーナーから徴収され
カバーの対象になる怪我、そうでないもの、それに関係する補償など
けっこうややこしいので、ここでの説明は控えておきます。

っていうか、私自身しっかり把握できていません
ACC でカバーされますよってお医者さんに言われても
診察代だのレントゲン代だのって払わされるんですけど・・・。

何年も前に怪我したところが痛み出したって
手術した友人を二人知ってます。

一人は背中、もう一人は手の親指の腱。

手術後、何週間か仕事を休まなければいけなかったものの
その間の収入は保障され、確か給料の75%だったかな
しっかり ACC から受け取ってました。

しかし可哀想なのが、足首を折った他の同僚
デスクワークだから、足が使えなくても仕事はできるということで
収入に対するなんの保障はゼロ
毎日車椅子に乗って出勤してました。


そういえば、うちのジムに ACC からお金をもらいながら
毎日ジム通いをしている(正しくはしていた)おじさんが一人います。
信じられないでしょ?

職業はドライバーらしいのですが、腰を痛めて長いこと失業してたみたいです
元ボディービルダーのおじさんは、その間、毎日せっせとジムに通って
身体を鍛えているんです。

ジムで運動できるんだったら、働けるだろって・・・

今年初めに、やっと新しい職が決まったと思ったら
また腰を痛めたとかで、休職 → ACC → ジム通い アゲインです



そんなこんなの ACC の調べによると

毎週12人近くの人が、自宅で起きた事故で亡くなっており
昨年一年では621人
これは、道路や職場で亡くなった人を合わせた数より多いそうです。


昨年自宅で怪我をした人の総数は63万2920人(一日1734人)
4分の1は、アルコールに関係した怪我

う~ 耳が痛い・・・

一番危険な場所はオークランド市内の家
なんと死亡数は、全体の4分の1近くにあたる146人、怪我12万8427人

最も数が少なかったのは、マヌカウ市とインバーカーギルで
怪我をした人は、14人に1人だそうです。




ACC では、こういった事故をなくそうと
自宅で怪我をする様子を、いくつかのストーリーにしてテレビで流してますが
中には、「ちょっとそれわざとらしくない?」って
笑ってしまいそうなものもいくつかあります。




私のお気に入りNo.1

確かに、小さなテーブルに引っかかって転倒し、腰の骨を折ったおばあさんを知っていますけど。








もうひとつのお気に入り~

いやらしいこと考えてるから、不注意になったんでしょってね・・・






自宅での怪我に注意と言うのに
なんでこのおばさんおねえさんは、ミューズリーバーを
お兄さんは換気の宣伝やってんでしょう?

それにしても、その演技・・・



でも、身体を張った演技で頑張ってらっしゃいました
クリックよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ


テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

評判最悪のNZ企業 

先日、AMR Interactive というリサーチ会社によって行なわれた
Corporate Reputation Index (コーポレーション・レビュテーション/企業の評判)
の結果が発表されました。


この調査は、18歳~64歳を対象に、ニュージーランドの大企業20社を

商品・イノベーション・職場・市民権・統轄・リーダーシップ・財務業績

という7つのカテゴリーに分けて評価したもの。




ニュージーランドにお住まいの方なら予想できると思いますが

最下位を飾ったのは、













テレコム


新しい携帯電話のネットワークXTでこけたテレコムでした。

従来のネットワークよりも早いはずが、ネットワーク自体がクラッシュして
何日間も電話がつながらなかったのです。

私も、インターネットのプロバイダーとしてテレコムを使っていますが
けっこう問題ありです。

不便なのがローミング。
去年、仕事でしばらく海外に行くことになったのですが
会社からもらってた携帯電話はテレコムのローミングできないやつ。

海外へ行く場合は、テレコムに出発日と帰国日を伝え
レンタルの携帯電話を送ってもらうシステムなんです。

ああ、ややこしい

長年、NZに住んでいると事がうまく運ぶ訳がないと疑ってかかる癖がついてしまい
この時も、IT に頼んで、出発1ヶ月前に申し込んでもらいました。
それも、配達日はしっかり余裕をもたせて出発の一週間前。







が・・・・・






やっぱり・・・・







電話はオフィスに届かず


出発前の一週間は、ホリデーを取っていたのでこの日が出社最後の日
あせって電話をすると、「まだ送られていない」との返事
そして「出発当日、空港でピックアップしてください。」と。

怒りまくった私は、すべてはテレコム側のミス
まだ一週間余裕があるわけだから、今すぐ自宅の方へ送るように言うと

「市内じゃないと送れない」と電話の相手

「じゃあ、どこが市内なの?ノースショアは市内じゃないの?」

相手は、空港ピックアップを繰り返すだけ。

最後は、ボスがテレコムの知り合いに電話してくれて
どうにか出発前に、オフィスの方へ送ってもらうことになりました。


後でわかったことですが、テレコムのコールセンターはフィリピンにあるんです
だから、市内とか言っても地理的にわかってなかったんですね。

レンタルの日にちを延長したので、これがまた問題ボロボロ
電話は途中で4,5日使えなくなるし
別のレンタル電話がまたオフィスに送られて来たよって知らせが来るし




携帯電話は、ボーダフォンがいいです
ローミングも簡単だし








それでは、どの企業が評判が良かったかと言いますと:


1 位
NZポスト2

  インターネットの発達で、郵便も少なくなってきているのに頑張ってます


2 位
エアーNZ2

  オーストラリアで行なわれた同じ調査でのカンタス航空の順位を上回っているそうです


3 位
ファーマーズ

  電気製品から寝具、家具、台所用品までなんでも揃うファーマーズ
  うちの隣りのおじさんも勤めてます
  

4 The Warehouse  
  バーゲン物の宝庫

5 Goodman Fielder
  食パン、ディップ、乳製品等など多くのブランドを持つ食品会社

6 Repco
  車用品ならおまかせ

7 ASB Bank
  私も使ってる銀行 サービスもいいですよ

8 Progressive Enterprises
  Countdown, Woolworths, Foodtown などのスーパーマーケットの親会社

9 Bank of New Zealand
  最近ロゴも変えて頑張ってるようですね

10 Fonterra
  1万3千のNZ酪農業者によって所有され、酪農製品輸出では世界最大

11 McDonalds
  誰もが知ってるマクドナルド

12 Westpac
  もうひとつ銀行

13 Skycity Entertainment
  カジノがあるスカイシティー

14 ANZ Bank
  以前口座を持ってたけど、あんまりサービス良くなかった(私見)

15 Suncorp
  保険、投資、預金を扱う会社

16 Burger King
  マクドナルドに負けちゃったね

17 Fairfax Media
  North Shore Times とか、無料のローカル紙などを発行している会社

18 Bayleys Realty
  唯一の不動産会社

19 APN News and Media
  NZ Herald、Woman's Weekly, Listener などの新聞や雑誌を発行

20 Telecom New Zealand
  最下位でした



よい週末をお過ごしになりましたか?
クリックよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

ラッキーネーム ジョン 

ロゴ



こんな記事が載ってました。

ロトーの運営を行なうNZロタリーズが、最もラッキーな名前は何か
2006年から1万ドルを超える一等賞金獲得者を調べたところ

ジョン (John)  という名前の人が21名もおり、14名の デイビッド (David)  を押さえて

最もラッキーな名前と決定。


結果は次の通り

男性:

John (21)

David (14)

Paul (10)

Peter, James, Graham (9)

Robert, Phillip, Chris (8)


女性:

Susan (9)

Jacqueline (7)

Jan, Anne, Patricia, Maria, Mary (5)

Karen, Janice, Elizabeth, Alison (4)

Ethel, Kathy, Linda, Natasha, Helen (3)



去年生まれた赤ちゃんの名前で、最も多かったのは
男の子が ジャック (Jack)、 女の子が ソフィー (Sophie) だったそうですが
名前には流行があるし、ロトーを買う年代の人にはジョンさんが多かったんじゃないかと思うのですが。


また、調査では男女とも平均してロトーを買っているにも関わらず
なぜか男性の方が、賞金獲得者の数が多いそうです。


こんな名前の人が身近にいたら、一緒にロトーを買ってみるといいかも知れませんよ。





ニュージーランドでロトーがスタートしたのは1987年8月1日
この時賞金を手にした人は27,560人、賞金総額は102万ドルで
4人が一等賞金35万9808ドルをそれぞれ獲得したそうです。



初代プレゼンター
初代プレゼンター ダグ・ハービー&アン・ウィルソン
すごい服装だ~





これまでに大金が当たった人たちの話を読んでいると、いろいろな人がいます。


「この賞金でやっと新しい入れ歯が買えます。」と喜ぶおばあちゃんたち。


ニュージーランドン来て2日目に100万ドルを当てた
3人のオーストラリア人バックパッカー。


キャンパーバンでニュージーランドを観光していたカナダ人カップルが
20万ドルを獲得。
キャンパーバンのベッドが心地よいからと、車の旅を続けたものの
帰りの飛行機はファーストクラスにアップグレードしたとか。


外国で宝くじにあたるとは、本当に運がいい人たちですよね。




私には、30ドルが当たった経験が一度あるだけ
それだけでもかなり興奮しましたけどね

「10ミリオン当たったらどうする~?」って話しているのが楽しい庶民です。




みなさんの一押しが励みになります
クリックよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。