キーウィランドで暮らしてます

ガイドブックに載っていないニュージーランドの素顔と、私的生活雑記

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

サムシング イン マイ ヘッド 

ブルック






好きでもない歌、いや、はっきり言って嫌いなのに、頭の中でなんども何度も繰り返される。ある時、無意識にその歌を口ずさんでいる自分に気付く、なんてことがありませんか?

例えば・・・
紅白を見た後、初めて聴いた歌にもかかわらず
♪♪か~が~やく~ひと~に な~りた~くて~♪♪
っていう、ア○○○○○キさんの歌が頭の中でリフレインしているとか。


ここ数ヶ月、私の頭の中をグルグルと駆け巡っている歌があるんです。
テレビをつければPVが流れ、ラジオステーションを切り替えても この歌 が流れてくる。最近新しいシングルが発売されたようで、やっと この歌 から開放されると思っていたのですに・・・。
なんと、チャンネルONEのコマーシャルに使われるようになったんです。
♪♪ドゥ~ル ドゥルッドゥ ドゥルドゥルドゥ~♪♪ 
番組の間にかかるメロディーがまたもや私に襲いかかる~!!


その歌とは、キーウィのシンガーソングライター Brooke Fraser (ブルック・フレイザー)

"Something in The Water"


元オールブラックスの父を持つブルック・フレイザーは、ウェリントン生まれの27歳。アメリカ進出も果たし、NZやオーストラリアはもちろん、UKでのツアーも決定したようで、なかなかの活躍ぶりです。

デビューシングルの "Better" は、好きな曲のひとつですが、どうもこの 
"Something in The Water" だけは我慢できない。なのについつい口ずさんでしまうのです。すごくキャッチーで、シンプルなメロディーだから頭に刻み込まれるのか・・・?

いやもう、この歌を作ったあなたに拍手です。


私と同じ症状に陥っておられる方もいらっしゃるのではとは思いますが、まだ聴いたことがないという方のためにビデオをどうぞ。

Warning: It might be tattooed on your brain.





にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

楽しめる料理番組 - Kai Ora 

私は、料理番組を見るのが好きです。

食に関する番組専門の Food チャンネル では
世界の有名シェフが出演する番組が見れるので
いろいろ勉強になること多しです。


同じ料理番組でも、違う楽しみ方で見る番組も多々あります。

例えば、英国の料理研究家 ナイジェラ・ローソン (Nigella Lawson)

この人の場合、出てくる料理よりも
ご本人のパフォーマンスに注目してしまう。

ネギはハサミ切り
パセリの束を引きちぎったら、ギロチンのようなナイフでガンガン刻む
その豪快さときたら・・・

できた料理を口にした時の 「ウ~ン」とセクシーなカメラ目線が
男性ファンを増やしているみたいです。

番組の最後は必ず、ナイトガウンを着たナイジェラが(なぜかお化粧ばっちり)
冷蔵庫の中の残り物をつまみ食いするというシーンで終わり

さすが“家事の女神”と言うだけあって、時にはなかなかいいアイデアを教えてくれたりしますけど。


他には、とんでもなく時代遅れな料理を披露する仏国老シェフの番組も
いらつくアシスタントとの掛け合いが面白かったりします。







しかし、なんといっても一押しはこの人




クイーン オブ マオリ クイジーン と呼ばれる(自称?)

アン・ソープ (Anne Thorpe)



アン2 包丁持った顔がどこか怖~い



この人の番組、 Kai Ora (カイ・オラ)
マオリ語で、Kai は 食べ物、Ora は ヘルシーという意味


毎回、マオリの芸能人がアンさんの自宅へ招待され
アンさんが作る、シンプルでヘルシーな料理を食べさせるという番組です。


まあ、料理に使う食料の豪華さと言ったら
新鮮な魚はもちろん、クレイフィッシュ(伊勢海老)、アワビ、スキャンピー(赤座海老)等々
私たち庶民にはなかなか手の届かないものばかり。


ご本人は、新鮮な食材をシンプルに料理するとおっしゃっているけれど
日本人の私から見ると・・・ノンノンノ~ 

アワビも殻からはずし、そのままスライスなんて平気でしちゃう
オリーブオイルをかけて、「はい出来上がり」ですから。


思わず「もったいな~い!!」と叫んでしまいます。


でも怖いもの見たさというか、次はどんなふうに目茶するんだろうと
毎回チャンネルを合わせてしまう私なのです。


招待客は、本当に楽しんでいるのだろうか?と余計な心配をしてしまいますが
マオリの歌手、アニカ・モアが招待された時は
料理もそこそこ、歌を歌ってごまかしてました。





ある日の放送から、アンさんご自慢の料理を集めてみました。




スパンキー リゾット Spunky Risotto  


スパンキーとは、“活気のある”みたいな意味。


まずは、普通に鍋を使ってリゾットを作ります。(ここまでは、良かったのですが)

次に、リゾットを写真の器に移し、レモン・ライム汁を加え混ぜます。

そして、なんと、
 の ホワイト・ベイト(白魚に似ている魚)を入れて混ぜました。
ご本人は、「オーバークックされないよう、余熱を使う」とおっしゃってましたが・・・
やっぱ、少しは火を通さないと生臭いんじゃないですか?

次には、一度茹でた小海老まで加えてしまいます。

いつもはほとんど使わない、塩・コショウを少し。

最後の決め手は、ウォッ、ウォッカ!!
けっこうな量入れてました。


いったいどんなお味なんでしょうか・・・







セクシーサラダ Sexy Salad


カモカモというかぼちゃの一種のサラダ。何故セクシーなのか?知りません。

立てに切ったカモカモをチキンストックで3分ほど茹でる。

その間、スライスしたしょうがを油を熱したフライパンで手早く炒める。

茹で上がったカモカモに炒めたしょうが、チリの千切りを乗せ
ライムジュースとオリーブオイルをかけ
塩コショウをふる。

以上、簡単サラダ。これはけっこうまともですね
なんでも、カモカモというのはマオリが大好きな野菜だそうです。






Trevally Trevally and Chilli Kina

これは、生のシマアジを使った料理。キナは、マオリ語でウニのこと。

まずは、1cm角に切った生のシマアジをボールに入れます。

次に、みじん切りにした玉ねぎ、パセリ、しょうが、にんにく、エシャロットを加え混ぜます。

器に移し替えた後、レモンとライムの汁とゼストを加え
その上に割ったばかりのうにをスプーンでそのまま乗せます。

チリのみじん切りを飾りつけ、さっと塩・コショウ。


お刺身は好きですけど、この料理はちょっと苦手かも・・・







Snapper Wiched Pan-Fried Taamure

タアムレは、マオリ語で鯛のこと。

3枚におろした鯛を油を使わずそのままグリルパンの上で焼きます。

赤ピーマン、玉ねぎ、ケーパーを油で炒め、焼き上がった鯛の上に乗せます。

そして最後に、ライム汁とオリーブオイルをかけて出来上がり。

塩くらいふった方が美味しいんじゃないかな~?

とってもシンプルなお料理。








アン


ナイジェラになんか負けてられない
アンさんだって、セクシーカメラ目線忘れませんよ~




アンさん、Kai Ora というレシピ本も出版してます。
何年か前に作られた別の料理番組に出演してたんですけど
使ってた食器なんてめっちゃ安物。
今では、Herne Bay (高級住宅街)と Pakiri Beach の海が見える丘に豪邸があるそうで
その当時からすると、ずいぶん出世されたんだな~と思いました。

放送は日曜の夜10時から
まだ見たことがない方、一度楽しんでみてください。



アンさんの料理が気に入った方も、そうでない方も
クリックよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

イメージって大切よね - 女性首相物語 

つい最近、お隣にあるコアラの国では、ジュリアさんが首相に就任しました。


女性の首相が誕生したのは、コアラの国では初めてのことだそうです。






かつて、ここキーウィランドでも、二人の女親分が激しい権力争いをしておりました。



そのうちの一人、 ジェニー さん。


キーウィランド初の女性首相です。






ジェニー  





南島のゴアという町で、4人姉妹の一人として生まれたジェニーさんは、1976年まで小学校の教師として働いていました。


1975年に、国民党 (National Party) に入党、35歳の時最も若い国会議員として初当選を果たします。



1997年、当時の国民党党首であり、キーウィランドの首相であったジムさんのリーダーシップに不満を抱いていたジェニーさんは、


党内の同僚に働きかけ、自分をサポートしてくれる人数を増やして行き、


ジムさんを辞任に追い込んでしまいまうのです。(ジムさんは、その後ワシントンへ送られました)




そして 1997年12月8日、国民党党首となったジェニーさんは、キーウィランド初の女性首相に就任しました。




この話し、ケブンさんを辞任に追い込んだ、ジュリアさんと似ていますよね。










しかし国民党は1999年の総選挙で、もう一人の女親分、 ヘレン さんが率いる労働党 (Labour Party) に破れ、



ジェニーさんに代わって、ヘレンさんがキーウィランドの首相に就任します。




ヘレン 当選  後ろのメガネをかけた人が、旦那さんのピーターさん。




当時ヘレンさんは、自分が  “国民に選ばれた、初の女性首相”である、とおっしゃっていました。





ヘレンさんは、1950年に4人姉妹の長女としてワイカトの農場を営む家庭に生まれました。


オークランド大学で政治学を専攻、その頃から反ベトナム戦争や国内の外国軍基地に対する反対運動など、政治的な運動に関わるようになっていきます。




ヘレン 学生




1981年、労働党の国会議員として初当選。


それまで、オークランド大学の講師として政治学を教えてたんですって。




国民党の時代だった1993年に、労働党党首となったヘレンさんは、6年後の1999年に首相の座をジェニーさんから奪ったのです。



2008年の総選挙で、お茶目なジョンさん 率いる国民党に負けるまで、9年間に渡り首相として貢献してきました。








ワイタンギの式典で泣かされたこともありました。




旦那さんが、ゲイだって噂を立てられたこともありました。






でも、いつも一生懸命にお役目を努めるヘレンさんでした。









ヘレン・ブッシュ







とっても親しみやすい、首相でした。




米フォーブス紙が選ぶ“世界で最もパワフルな女性100人”で、2006年には20位、2008年には58位に選ばれたんですよ。



現在は、国際連合のお偉いさんとして世界に貢献している、ヘレンさんです。





ヘレン 







毎回選挙が近づくと、何故か同じポスターを街で見かけてました。





















ヘレン キャンペーン


えっ?これ、ヘレンさん?



政治家っていっても、やっぱりイメージが大切なんですよね。








ジュリアさんも、首相になったとたん、昔の写真がたくさん雑誌やネットに載ってましたね。






ジュリア




珍しい、髪型をされていた時もあったようです。


パートナーのティムさんは、元バーバーヘアースタイリストだから、


これからのイメージ作りには問題ないと思うけど・・・。








ジュリアさんって、この人に似てると思いません?




























ジョディー









もひとつ、おまけ。





このお二人も、ずいぶんイメージが変わったようですね。























H&B




この写真気に入ってくれた方、クリック宜しくお願いします。
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

異色のエンターテイナー トップ・ツインズ 

トップ・ツインズ (Topp Twins)

子供からファームで働くおじさんまで、みんなに愛されるキーウィランドのアイコン的存在。



リンダ・トップ と ジュール・トップ は、ヨーデルを歌う双子のレズビアンとしてその存在が注目されてきました。



どんな歌を歌っているかうまく表現できませんが、カントリーミュージックに、ヨーデルがミックスされているという感じです。






トップツインズ




でも、なんてったってその人気を不動のものにしたのは、二人が演じるコメディーキャラクターでしょう。


正直言って、歌にはあまり関心ありませんが、このキャラクターたちの大ファンです。






私が一番好きなのが、ケン&ケンで~す。


ken & ken


そう二人とも、ケンなんです。


ケン・モラーは、典型的なキーウィブローク(男性)で、ワイララパで羊農場を営む。キャンプ マザー(下を見てください)に恋してるけど未だちゃんと二人で会うことができてない。ケンの親友である。

ケン・スミスは、街の人間で広大な自然にはあまり慣れていない。地方局のTVスポーツキャスター。趣味は生け花、ビルマ猫の飼育、ミュージカル。







キャンプマザー&キャンプリーダー


camp mother & camp leader



ハッピーヴァレー キャンピング場を運営する。
トップツイン演じるキャラクターの中で、一番有名で愛されている。

キャンプマザーの定番ファッションは、ピンクのベロア生地ジャンプスーツ、ターバン、そして黄色のハンドバッグ。
キャンプリーダーは天真爛漫、キャンプマザーから指示が出れば黙って行動に移す。彼女の好きな持ち物は、ジェリーサンダル、ポニー、カラフルな毛糸のカーディガン。





ギンガム シスターズ


gingham sisters


これまた、二人とも名前は、ベル。トップツインズの一番古いキャラクターだそうです。
ベルは、干草が置いてあった納屋で生まれ、その5分後にもう一人のベルが納屋と牛小屋の間で生まれた。

とっても明るい性格で、外へ出かけて人に会うのが好き。ギンガムチェックのスカートが目印。





この他にも、


ホークスベイのポッシュな社交家、プルー&ディリー ラムズボトム

ボーリング レディーズ、メイビスとローマ


などなど



こういったキャラクターを集めた動画を貼り付けて見ました。

TVシリーズもあるので、時間のある時に関連の動画を楽しんでください。







彼女たちのドキュメント映画、Untouchable Girls も面白いですよ。


写真は、彼女たちのホームページからお借りしました。






みなさんの一押しが励みになります。
応援よろしくお願いしま~す。
↓  ↓  ↓     

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ


テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

キーウィランドのお茶目な首相 

はい、それはこの人


キー首相



国民党 (National Party) ジョン・キー首相です。




1961年8月生まれで現在48歳。

1995年より、当時米国三大投資銀行であったメリルリンチの外国為替保証金取引部門の長として、シンガポール、ロンドン、ニューヨークなどで活躍、この間何百万ドルもの富を築いたと言われています。以前から政治に興味があったことを知った国民党の熱い要望で、2001年に帰国。翌2002年に国会議員として初当選しました。


その頃のキーウィランドは、1999年以来ヘレン・クラーク率いる労働党 (Labour Party) が1999年政権が続いていました。


2006年後半、その時の国民党党首、ドン・ブラッシュの辞任を受けて、ジョン・キーが新しい党首に就任します。


そして2008年11月の総選挙で勝利し、政界入りしてからたった6年で、第38代首相となりました。




政治一筋で来た人ではなく、民間企業で活躍した国際派でもあるわけですから、少しはキーウィランドの政治も良くなるのではと、個人的に期待しておるのですが・・・。


まあ、難しいことは置いといて、若いということはいいことです。



キーウィ全般がそうですが、政治家も同じ、とってもフレンドリーというか、身近な存在です。(多くの政治家がと言っておきます)

首相と言えども、朝からテレビにどんどん出て、司会者の質問なんかに答えてますよ。




昨年の9月、こんなエピソードがありました。


国連総会のためニューヨークを訪れていたキー首相が、CBSの人気番組、ディビッド・レターマンのレイトショーに出演しました。


私はてっきり、インタビューを受けると思ってたんですが、キーウィランドを訪れる理由トップ10を読み上げる(これは、ジョークを交えて発表されるいつものフォーマット)というものでした。



一国の長が、こんなことしていいの???



これは、観光局の強い働きかけで実現したものらしく、世界中に視聴者を持つ番組を通して、一人でも多くの人にキーウィランドを知ってもらおうと言うのが狙いだったそうです。


キーウィたちの中には、首相がバラエティー番組でリストを読み上げる姿に抵抗を感じた人も多かったようですが(もちろんエールを送る人々も多かったです)、首相本人は、これが観光業界のためになるのならと、頑張ったんですね。




ちょっと緊張気味のところがかわいいです。




下に、リストと私、ハルの注釈を書いてみました。(注:これは、番組の放送作家が書いたもので、すべてが本当のことではありません。)







10. Auckland airport now has cinnabon

オークランド空港には、シナボン(アメリカのドーナツチェーン店らしいです)があります。(もちろん、ありません)

9. We have the loosest slot machines in the Pacific rim

パシフィックリム(太平洋を囲む諸国)の中で、一番出るスロットマシーンがあります。

8. It's only a convenient 20 hour flight away

便利なことに、たった20時間のフライトです。

7. It's like England, without the attitude

イギリスのような国、あのような態度はありませんけど。

6. Leno's on at 9 o'clock

レノ(他局のトーク番組)を9時から放送しています。

5. Get the whanau together, stay in a bach, crack open the chilly bin and slap on your jandals

ファーノウ(マオリ語で家族や親戚の意味)と一緒に、バッチ(ビーチ/ホリデーハウス)に泊まり、チリビン(クーラー)を開けてジャンダル(ビーチサンダル)を履く。(キーウィ英語です。)

4. Visit in the next 30 days and I'll pick you up at the airport

これから30日以内に来て頂ければ、私が空港まで迎えに行きます。

3. 70% of our energy is generated through renewable hydropower - Look they don't all have to be jokes

私たちのエネルギーの70%は、再生可能な水力発電から作られています。ね、全部がジョークと言うわけじゃないでしょ。

2. We drive on the left side of the road, like the British and Lindsay Lohan

車は、左側通行です。英国人やリンジー・ローハンみたいに。

1. Unlike most of the world, we still like Americans

世界の他の国々とは違い、私たちはまだアメリカ人を好きです。




ブログランキングに参加中。
クリックよろしくお願いしま~す。
↓  ↓  ↓     

 
にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。