FC2ブログ

キーウィランドで暮らしてます

ガイドブックに載っていないニュージーランドの素顔と、私的生活雑記

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

住みにくくなってきたもんだ 

handle




前回に続いて、ガソリンスタンド・・・今度は私がホースを抜き忘れて、そのまま走り去ったってことじゃないです。


G.S.T.(消費税みたいなもの)も昨年の10月から15%に引き上げられたし、今中東でいろいろあって石油の価格が上がってるのもわかります。けど、この先どこまで上がるんでしょうかガソリン代!!





BP





ついに(またまた) 2ドル台突入!!

つまり、リッター200円みたいなもの。満タンにしたら、なんと99ドルちょっとかかってしまったよ~!!これって、1万円くらいの感覚。公共交通機関がちゃんとしてないオークランドでは、車に頼るしかなくて・・・ほんとに頭が痛い。テレビでは、牛乳の値段が上がるって騒いでますけど。牛乳飲まない私には、どうでもいいんですよね。



話しは変わりますが、大手のブックストアチェーン店の whitcoulls(ウィットコウルス)とBorders(ボーダース)の親会社が Voluntary Administration (会社更生法に近いと思います)を申請したそうです。つまり、経営が困難になったため、任命された管財人が事業を継続しつつ、負債の整理などを行なって経営を立て直していく手続きとでも言ったらいいでしょうか。
前にも書きましたが、国内の本屋さんで買うよりアメリカのアマゾンから買う方が安くつくわけで、経営も大変なんでしょうね。

今問題になっているのが、 バウチャー・商品券

「会社が倒産する前に、今持ってるバウチャーを使っといた方が良いゾ~!!」って多くの人がお店に押し寄せた。

ところが店側が、

「最低でも額面の二倍を購入していただかないと、お手持ちのバウチャーは使えません。」という対応をしたので、そりゃもう大変。

つまり、100ドルのバウチャーを使おうとすると、他に100ドル分の本をお客の実費で(総額200ドル分)購入しないとバウチャーが使えないという訳。店員は、怒りまくったお客からの罵声を浴びながらも、ポリシーですからと伝えるだけ。ついには、鉄棒を振り回すお客まで現れて、店側は警備員を増やし警戒に当たっているそうです。

私だって怒りますよ。もうお金支払ってるんだから。でも店側が言ってること、違法にならないそうなんです。驚いた!
バウチャーがただの紙になるか、またその額面の価値を取り戻すか、この会社の今後次第。

そういえばある出版外社社員が、店に置いてあった自社の本を盗み出そうとして捕まったとか。お金を支払ってもらえないなら、商品を返してってことでしょうか。


私が行ってたジムも閉鎖になって、先払いした9ヶ月分を返してもらえません。ジム側は、他のブランチへ行けと言うだけ。ジム側は、法的に自衛する術を知っていて、弁護士を立てて闘うには経費がかかりすぎるし、諦めるしかなかったのが事実。これもまたひとつ勉強になりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ

スポンサーサイト

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiwiland.blog27.fc2.com/tb.php/102-86ad40bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。