FC2ブログ

キーウィランドで暮らしてます

ガイドブックに載っていないニュージーランドの素顔と、私的生活雑記

10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

ヒコイって、なんだったっけ?? 

ある記事を読んでいたら "Hikoi" という言葉が出てきた。
マオリ語に違いない。
前にも聞いたことがあるけど、なんだったっけ~??

こんなふうに、マオリの言葉がなにげなく英語の中に含まれているのがキーウィの日常英語。
ニュース番組のキャスターも "Kia ora" で始まり "Ka kite" で終わる。



よく使われるマオリの言葉を覚えるのは、キーウィ英語をマスターするための重要ポイントでもあるわけです。

Hikoi (ヒコイ)とは、歩くことを意味し、数日間に渡って長い距離を歩く、抗議デモ(行進)やパレードをさす言葉。

Kia ora は、“こんにちは”などの挨拶のほか、認めたり感謝したりする時にも使われる。
Ka kite は、またお会いしましょう、See you again, See you soon の意味。




19世紀初め、アオテアロア/ニュージーランドで一番話されていた言語はマオリ語。
マオリたちと取引を希望するヨーロッパからの移民たちは
コミュニケーションをとるためマオリ語を習わないといけませんでした。
やがて英語圏の移民が増え行くと、マオリ語より英語が話されるようになって行きました。

マオリ語は元々口語のみで文字というもはなかったけれど
彫刻や縄の結び目、織物を使ったコミュニケーションの方法がありました。

1814年頃から宣教者たちが、マオリ語を文字に置き換えようとしたのが始まりで
ケンブリッジ大学教授とマオリの首長が協力して、1820年に書き言葉を完成しました。




テレビや会話の中で、よく耳にする言葉をいくつか書いてみました。



Hui (フイ)
     会議や集会全般をさす

Tagata whenua (タガタフェヌア)
     マラエでの接待役、地元の人たち

Tangi (タンギ) tangihanga (タンギハンガ)の省略
     泣く、哀悼する、弔うことを意味し、マオリのお葬式をさす

Koha (コハ)
     ギフト、プレゼント(一般的に、ゲストから接待係に送られるお金)

Mana (マナ)
     権威、権力、影響力、評判

Tapu (タプ)
     神聖な、触れてはいけないもの、タブー

Taonga (タオンガ)
     秘蔵された所有物、または文化財、高価なもの

Whanau (ファーノウ)
     家族

Pakeha (パケハ)
     ニュージーランドに住む、祖先が英国からの移民であるヨーロピアンを指す言葉

Iwi (イーウィ)
     人々、国家、部族の現代語

Kaumatua (カウマツア)
     グループの中で一番年上の人

Tipuna (ティプナ)
     祖先






少しは、役に立ったでしょうか??
今日もクリックよろしくお願いしま~す!!
↓      ↓      ↓     

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ





スポンサーサイト

テーマ: ニュージーランド

ジャンル: 海外情報

[edit]

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://kiwiland.blog27.fc2.com/tb.php/65-2ed3f408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。